スタッフブログ


by あおぞら整骨院
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

日本サッカー協会公認D級コーチ2

日本サッカー協会公認D級コーチの最後の講習会&試験を受けてきました。

いろいろなコーディネーション、サイズやゴール数の違いによる状況判断の仕方など新鮮なものでした。

たとえば横幅が広く縦が短いゲームは常にシュートを意識してなければいけないしシュートをすぐ打つにはどのような位置でボールをもらってどの位置にトラップをした方がいいのかな?(論理的分析思考と言うそうです。)などを問いかけてみたり問われたり。

先日、キーパーをしている子どものお母さんからコメントいただいてびっくりしましたがワンミスしたら外されたなんてことはひど過ぎますね。(勝負ですからミスも続けば交代もしますが)

その前になぜそのミスが起きたのかその過程が大事ですね

例1
ボールがとれなかった。なぜ取れなかったの?
シュートが早かったから。なぜ速いと取れないの?
速いシュートを受けたことがないから。
結論、速いシュートを受ける練習をしましょう。と、なりますよね

例2
ボールがとれなかった。なぜ取れなかったの?
シュートが早かったから。(ここまでは例1と同じ)なぜ速いシュートが飛んできたの?
誰もボールを取りに行かないからフリーでシュートを打たれた。
なぜフリーでシュートを打たれたの?マークしてなかったから。
じゃあマークする練習をしてフリーでシュートを打たせない練習をしましょう。
と、なるでしょ

試合を分析し課題をみつけて子どもたちに提案(強制ではありません)してあげれば子どもたちが自分たちで考え判断して練習するのではないでしょうか?(課題がクリアできれば喜びも大きいかも)

監督、コーチがすることはなぜその結果になったのかを子ども自身が判断できる環境を作ってあげることではないでしょうか。

ちなみに受かりました。
[PR]
by aozora-sp | 2010-02-07 21:42 | サッカー